選び方

赤いスニーカーはダサい?153人に聞いたNG・OKの履き方を紹介

赤いスニーカーはダサい?NG・OKの履き方を紹介選び方

鮮やかなカラーで目を引く赤スニーカー。

おしゃれ上級者に見えるコーディネートにも活躍するアイテムです。

しかし、目立つイメージが強いからこそ、悪目立ちしてダサく見えないか心配する方もいると思います。

今回、当メディア「すにらぼ」では、赤いスニーカーはダサいと感じるのか、ファッションに関心の高い男女153名にアンケート調査を行いました。

結果、ほとんどの人が赤いスニーカーをオシャレと感じていることがわかりました。

  • 調査対象者:ファッションに関心がある方
  • 調査人数:153名(男性75名・女性78名)
  • 調査年齢:10代~70代
  • 調査期間:2022年9月30日~10月2日
  • 調査元:WEBアンケート

この記事では、アンケート結果をもとに、赤スニーカーのNGコーデ、OKコーデをそれぞれご紹介していきます。

スニーカーを買うなら今がお得!
\Amazon最大級のセール開催中!/
※「キャンペーンにエントリー」し、なんでも10,000円以上購入した方が対象です。
333人が選ぶ(3つまで回答可)
\赤スニーカー人気ランキング!/
順位票数ブランド名
モデル名
リンク
1位105票アディダス
スタンスミス
Amazonで見る

楽天市場で見る
2位96票コンバース
ジャックパーセル
Amazonで見る

楽天市場で見る
3位94票コンバース
オールスター
Amazonで見る

楽天市場で見る
4位70票ナイキ
エアフォース1
Amazonで見る

楽天市場で見る
5位70票ナイキ
エアジョーダン1
Amazonで見る

楽天市場で見る

結論:赤スニーカーはおしゃれなアイテム

アンケートでは5段階の評価で回答をしてもらいましたが、約70%の方が赤スニーカーは「おしゃれ」「ややおしゃれ」と感じるということがわかりました。

項目点数票数割合
オシャレ5点30票19.6%
ややオシャレ4点78票51.0%
普通3点33票21.6%
ややダサい2点10票6.5%
ダサい1点2票1.3%

ワンポイントに取り入れたり、抜け感を演出できることから、おしゃれに感じる方が多いです。

この結果から、赤スニーカーはコーディネートをアップデートさせるおしゃれアイテムと言えるでしょう。

しかし一方で、少数ではあるものの約8%の方が「ダサい」「ややダサい」と感じているという結果に。

そしてその内訳は、12人中10名が女性であり、女性の方の評判がやや悪かったです。

目立つ印象があることから、「コーディネートがごちゃつきそう」「スカートと合わせづらそう」という意見もありました。

以下からは、ダサいと思われている赤いスニーカーの履き方を紹介します。

ダサいと言われてしまう赤スニーカーの履き方

この章では、153名の男女に聞いた「ダサいと思う赤スニーカーの履き方」を5つの項目でご紹介します。

全身赤コーデで揃える

ダサいという意見で最も多かったのが、赤スニーカー+全身も赤にしたコーデです。

アンケート結果から、世代を問わず抵抗感を感じる人が多いことがわかりました。

他の色と違って目立つ色合いの赤は、靴を含めたワントーンコーデにはあまり向きません。

特に、シンプルな赤の洋服にスニーカーを合わせると、全体的に締まりがない印象になってしまうので、避けるのが無難です。

女性 36歳 専業主婦・主夫
全身赤で合わせるとか、逆に色々な色があると、目がチカチカする。

女性 23歳 販売職
全身赤系で揃えてしまうと見た目がうるさくなってダサいと思った。

女性 26歳 事務職
全身真っ赤で派手な柄のコーデは合わないと思う。全身タイトなスタイルは合わないと思う。

男性 22歳 建設 ・採掘業
全身真っ赤のコーデ。成金を思わせるようなコーデになってしまう。
若いラッパーのようなファッションにならなければ合わせやすいと思います。


男性 60歳 生産工程職
頭のてっぺんから、足の先まで赤で固めるのは良くない組み合わせだと思います。

ただし、個性をアピールするコーディネートとして、あえて全身赤に赤スニーカーを合わせるという方もいらっしゃいます。

そうした方のコーディネートを見ると、適度に黒や白など、差し色を入れています

もしくは、柄にデザイン性のあるものや素材の組み合わせで遊ぶことで、全体を華やかに見せられます。

好みの分かれるコーディネートにはなりますが、全身赤コーデにするときは参考にしてみてください。

原色や派手色との組み合わせ

全身赤だけでなく、原色や他の派手色と組み合わせるのはかなり難しいでしょう。

一般的に、ファッションコーディネートのカラーリングは3色以下にまとめると良いとされています。

目立つカラーリングである赤は、4色以上の色を取り入れたコーディネートでは悪目立ちしてしまう可能性も高いです。

特に、同じく目立つカラーのものと合わせる時は、色が喧嘩してごちゃついた印象を与えてしまいます。

柄物と合わせる時は、柄の中に赤が入っていれば、取り入れやすくなりますよ。

女性 28歳 専業主婦・主夫
上下派手な色や柄であれば、お互いが主張しすぎてて変なコーディネートになると思う。

女性 43歳 事務職
全体的に派手な色使いで、まとまりが無いような履き方はダサいと思います。

女性 38歳 専業主婦・主夫
色を多く使った服装には赤いスニーカーだとかえってゴチャゴチャしてダサいと思います。

男性 37歳 生産工程職
派手な服装に合わせるとごちゃごちゃしてウザく感じる。目がチカチカする。

男性 49歳 専門・技術職
派手目な色使いの服や、奇抜なデザインの服を合わせると、足元の鮮やかな赤い色がかすんでしまうと思います。

男性 23歳 事務職
色がありすぎるコーデの合わせ方はあまり好きではないので、赤スニーカーに合わせるのは避けます。

ただし、白をベースに派手色と組み合わせると見映えが良くなります。

以下のコーデは、白をベースに、原色をバランスよく配置しているコーディネートです。

赤のコンバースに原色を3つ使ったコーディネートですが、とてもおしゃれな履きこなしですよね。

こちらのように、白をベースに原色と合わせたり、色のトーンを統一するとポップなコーデにアップデートすることもできますよ。

ビジネスコーデには似合わない

男女ともに、赤いスニーカーは「ビジネス時などのきれいめコーデ」には合わないという意見が多くありました。

女性ならばフェミニンスタイル、男性はスーツなどのフォーマルなスタイルに赤スニーカーは相性がよくないです。

赤スニーカーは他のカラーリングよりもカジュアルな印象が強く、シックやフォーマルなスタイルには合いません。

ビジネスマナーとしても良くないので、避けるのが無難です。

女性 26歳 専業主婦・主夫
スーツなどのきちんとした服装や、お嬢様のようなふんわりとしたワンピースなどには少し似合わないのではないかと感じます。

男性 48歳 専門・技術職
オフィシャルなシチュエーション、スーツやスラックスといった固めの服にはまったく合わないと思います。

女性 31歳 専業主婦・主夫
綺麗めなファッションに合わせたり、緑や青などの原色系の色合いの服に合わせたりする場合。

女性 41歳 専業主婦・主夫
フェミニンなカーディガンとスカートのようなファッションには似合わなさそうです。

男性 49歳 サービス業
ビジネスシーンには向かないと思うので、白のワイシャツやスラックススタイルには似合わないように思います。

男性 68歳 事務職
全体的にスラックス、上着ともカジュアルでないと、ダサく見えます。

一方で、きれいめコーデをカジュアルに見せるスタイリングとして活用する技もあります。

例えばトレンチコートはきれいめスタイルの代表とも言えますが、以下のコーデでは赤スニーカーとおしゃれに組み合わせています。

赤スニーカーはデニムと相性がいいので、きれいめの細身デニムと合わせることでコーディネートにまとまりが出ています。

また、カジュアルなキャップなどの小物も取り入れることで、赤スニーカーだけが浮かずに活かされています。

同じようなスタイリングで、ジャケットと合わせるのもおすすめですよ。

淡色アイテムと濃い赤色スニーカーも相性が悪い

パステルやペールトーン等の優しい色合いと、はっきりした赤色のスニーカーは相性が悪いです。

淡い色と合わせづらいという意見は、特に女性から多く寄せられました。

男性と違い、パステルカラーなどソフトな色を着る機会の多い女性は、服の色合いとのバランスを見ることも重要です。

特に、柔らかい素材の淡色アイテムはフェミニンで女性的な印象を強め、カジュアルな赤スニーカーとは相性がよくありません。

全体の優しげな印象を崩してしまいます。

赤スニーカーは、ファッションの雰囲気と合っているかどうかを考えて組み合わせることが大切です。

女性 43歳 サービス業
原色や淡い色の洋服と一緒に合わせるのは難しいと思います。全身のバランスをみて取り入れないとスニーカーだけ悪目立ちするような気がします。

女性 35歳 事務職
赤いスニーカーが悪目立ちしているとダサいと感じてしまいます。

女性 51歳 専業主婦・主夫
白っぽい色や淡い色の服と合わせるとスニーカーだけ目立ち過ぎてダサいと思います。

しかし以下のように、落ち着いた薄い色合いの赤スニーカーであれば、淡色アイテムも上手く活用することができます。

全体的に優しいペールトーンで組み合わせているコーディネートですが、足元の赤が程よいアクセントになっています。

こちらのように、薄めの赤スニーカーであれば、淡色アイテムにも応用可能です。

ボトムスはスカートではなくパンツスタイルにすることがおすすめ。

パンツにすることで自然とラフな印象を与えてくれますよ。

赤いボトムスに赤いスニーカーは違和感あるコーデに

今回のアンケート結果から、赤のボトムスに赤のスニーカーといったコーディネートはダサいと感じる方が多くいることがわかりました。

この意見は、特に男性から多く寄せられました。

近年はカラーボトムスも流行していることから、男女問わず赤のボトムスをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、赤のボトムスと赤スニーカーを合わせる場合、下半身が赤で区切られたように見え、違和感を与えてしまいかねません。

特に、原色の赤スニーカーで白のポイントのないスニーカーは悪目立ちしてしまいます。

男性 41歳 事務職
パンツに同系色が入ると重たくなってしまうので避けた方が良いと思います。

男性 42歳 専門・技術職
全身赤のファッション、足だけ赤の場合も若干ダサくなることが多いかなと思いました。特に男性の場合は難易度の高いアイテムだと思います。

ただし、以下の画像のような短い丈のボトムスであれば、赤のスニーカーもおしゃれに活用できます。

こちらのように、男性ならハーフパンツ、女性ならスカートと合わせることもできます。

肌見せをすることで赤のインパクトが少し薄れ、おしゃれなコーディネートが可能です。

白や黒など、ポイントカラーになるような靴下を合わせるのも良いでしょう。

また、真っ赤なスニーカーではなく、白の差し色が多く入ったスニーカーであれば、赤の長丈のボトムスにも応用できます。

ウエストから足元までの下半身全体の赤の割合を見て、コーディネートするのがおすすめですよ。

では以下から、逆におしゃれな赤いスニーカーの履き方を紹介します。

赤スニーカーのオシャレな履き方とコーデも紹介!

こちらでは、アンケートで聞いた赤スニーカーのおしゃれな履き方を、参考コーディネートと共にご紹介します。

モノトーンコーデの差し色にしてスニーカーを主役に

今回男女ともに一番多かった意見が、白や黒などのモノトーンのファッションとのコーデがおしゃれという意見。

お気に入りの赤スニーカーを主役にできるコーディネートです。

赤を差し色にすることで、いつものモノトーンコーデを少し明るく、ポップな印象にしてくれますよ。

また、赤スニーカーにも様々なカラーリングがあり、その色味によって与える印象も変わってきます。

以下のコーディネートを参考に見ていきましょう。

こちらは白を多く使用した明るい赤のスニーカーコーデ。

ビビットな赤が服に映えていて、カジュアルかつ華やかなワンポイントになっています。

白の割合が多い赤スニーカーはモノトーンコーデでも活用しやすいです。

また、明るい赤色のスニーカーは目を引くワンポイントとなり、全体を明るく引き立たせる効果もありますよ。

女性 37歳 専業主婦・主夫
モノトーンコーデの時にとても映える。
赤の靴って、女性はパンプスやヒールの靴などでもそうだけど憧れ的なものがあると思う。

女性 39歳 サービス業
白、黒、グレーのような無彩色のものと合わせるとスッキリして見える。また、赤も映える印象がある。

女性 26歳 専業主婦・主夫
白T +黒パンツ+赤いスニーカーのコーデが個人的に1番好き。
もしスカートと合わせるなら、Tシャツ+台形のミニスカート+ソックス+スニーカーにして、韓国っぽさを意識する。

こちらはワインレッドに近い深い赤色のスニーカー。

深い赤スニーカーをモノトーンコーデに合わせると、モノトーンの落ち着いたシックな印象を損ないません。

モードなコーディネートにも、程よいワンポイントとして活躍するでしょう。

大人なクールスタイルがお好みの方は、ワインレッドのスニーカーでさりげない遊び心をプラスできます。

男性 30歳 生産工程職
上下の服は白や黒などのモノトーンの色の方が靴の魅力を引き出せる服の方が合いそう。

男性 35歳 専門・技術職
差し色となるため、基本的に靴以外はモノトーンがおすすめ。

男性 25歳 専門・技術職
色の種類が増えれば増えるほどカジュアルになりすぎると思う。
服全体を白・黒・赤のみで合わせることが、シンプルかつ赤を魅せると思う。
特に赤いスニーカーを際立たせたいなら、靴以外は白黒のモノトーンが良いと思う。

こちらの黒をメインにしたカップルコーデもとってもおしゃれですよね。

男女共に黒をメインにしたモノトーンコーディネートは真似しやすくておすすめです。

そして真っ赤なスニーカーを映えさせるのがモノトーンコーデの特徴とも言えます。

ファッションの通販サイト「Dcollection」の公式サイトでもシンプルなコーデと合わせることを推奨しているので、参考にしたい方は動画も確認してみてください。

※2:50~

赤色アイテムをコーデにワンポイント追加する

スニーカー以外に、もうワンポイント赤をプラスするのがおすすめです。

赤色のスニーカーは、取り入れると視線が足元にいくことが多いカラー。

他のアイテムで赤を取り入れると目線をあげることができ、スタイルアップ効果も期待できます。

こちらのように、小物にも赤を足してあげると、足元だけが浮かずにまとまりのあるコーディネートになります。

なお、小物に取り入れるだけでなく、洋服の柄の中に少しでも赤が入っていれば、さり気ない統一感が出ておすすめです。

女性 24歳 事務職
上半身や小物(アクセサリー やバック)に同系色の赤を入れてまとまりがあるようにします

女性 73歳 専業主婦・主夫
赤が入ることで服装が一気に明るくなります。ロゴや、ベルト、バック等に赤を持ってくるとバランスが良いと思います。

女性 48歳 サービス業
タイ・ベルト・アクセサリー・バックなどの小物一つを赤基調で揃えて、スニーカーと共にファッションのアクセントにする。

今回、女性はアクセサリーやバッグを同色系で合わせるという意見がとても多かったです。

しかし、男性もその他のポイントで赤をアクセントに合わせることができます。

こちらはスニーカーと同色の赤をキャップにも取り入れたコーディネート。

男性は帽子やベルト、柄物の洋服に含まれるカラー等で、もうワンポイント同色の赤を足すことができます。

上記はVANSのワインレッドのスニーカーですが、類似色のオレンジ色のカーディガンとの組み合わせがとてもおしゃれですよね。

このように、全く同じ色だけでなく類似色と組み合わせるのもおすすめです。

男性 41歳 事務職
バッグや帽子など小物に赤を入れるとオシャレ感が増すような気がします。

男性 45歳 専業主婦・主夫
服装にも赤い色の組み合わせがあればワンペアのようなバランスパターンが出て遊び心があって良いと感じる。
赤いシャツやマフラーなどでもよいし、赤いベルトの時計も活かせる。

男性 61歳 専業主婦・主夫
服の一部に赤色かそれに近い色を入れるか、小物(カバンなどに)赤色が入っている物を持つ。

アンケートの回答にもあるように、冬は同色系のマフラーと組み合わせるのもおすすめですよ。

ワントーンコーデのワンポイントとして活用

ここまでにご紹介したNGコーデとして、「全身赤のワントーンコーデ」がありました。

しかし、赤スニーカーは他のカラーのワントーンコーデに取り入れることはかなりおすすめです。

赤が程よい差し色になり、コーデのワンポイントとして活躍してくれます。

あまり足元を重たい印象にしたくないという方は、白が多めに入った赤スニーカーで組み合わせるのが良いでしょう。

赤スニーカーのワントーンコーデ活用術は、オールホワイト、オールブラックだけではありません。

こちらのコーディネートのようなベージュのワントーンコーデもとても可愛く決まります。

また、デニムのワントーンやカーキのワントーンなど、赤と相性の良いカラーで合わせるのもおすすめ。

赤スニーカーをワンポイントに、まとまりのある上級者コーデになります。

女性 29歳 事務職
同系色でそろえたり、シンプルで派手すぎない服が合わせやすいと思う。

女性 43歳 事務職
個人的には赤いスニーカーを主役にしたコーデがおしゃれだと思う。
他はシンプルで色使いも単調なアイテムを合わせる。

また、男性に人気のエアジョーダンやダンクのような足元にボリュームが出るスニーカーはストリートコーデにおすすめです。

特に赤のデザインはより足元が注目されるコーディネートになるでしょう。

ワントーンコーデに赤を持ってくる場合は、こちらのようにポイントで赤が使用されているスニーカーがおすすめです。

真っ赤なスニーカーでワントーンコーデにすると野暮ったい印象になってしまう可能性があります。

差し色としてワンポイント入った赤スニーカーなら、簡単におしゃれ見えしますよ。

男性 46歳 販売職
ワントーンコーデのアクセントとして、差し色で赤いスニーカーを使うようにしている。

是非上記のポイントをおさえて、ワントーンコーデも楽しんでみて下さい。

王道スタイルはデニムとの組み合わせ

スニーカーとデニムは王道の組み合わせ。

もちろん赤スニーカーもデニムとの相性は抜群です。

今回のアンケートでもおしゃれだと思う組み合わせとして、男女ともに年齢を問わず多くの意見をいただきました。

定番のストリートスタイルであるパーカー×デニムのコーディネート。

シンプルな組み合わせは男女ともに真似がしやすく、おすすめです。

少しダメージ加工されたクラッシュジーンズなどはよりカジュアルさを強め、かっこいいスタイリングに仕上げてくれます。

女性 35歳 専門・技術職
ジーンズなどのパンツとあわせてラフでスポーティな感じにまとめるとおしゃれだと思う。

女性 41歳 専業主婦・主夫
Tシャツにデニムパンツのようなシンプルなファッションに似合うと思う。

女性 27歳 サービス業
青のジーパンにスーパースターの靴とか最高だと私は思います。カジュアルにまとまるので、とても可愛いです。

上記のアンケート結果でも、「コンバース」との相性の良さがあげられました。

コンバースは女性だけでなく、男性にもおすすめです。

男性が赤のコンバースにデニムを合わせたコーデもとてもスタイリッシュです。

前にご紹介したストリートコーデの他に、こちらのような少しきれいめなコーディネートも可能です。

秋冬はいつものTシャツの上にお好みのカーディガンを羽織ればいつもとは違ったスタイリングも楽しめますよ。

男性 54歳 事務職
ジーンズと赤のスニーカーがバランスよく足もとに視線がいくのでいいと思う。

男性 38歳 事務職
少しラフな感じが合うと思う。パーカーとか、ダメージのあるジーパンとかと合わせるといい。

男性 21歳 大学生
清潔感を意識しているため、赤スニーカーにデニムや黒のパンツやストリートスタイルに合わせた履き方がおしゃれだと思う。

同じデニムでも、形が違うだけでストリートにもきれいめにも合わせられます。

どんな赤スニーカーでも合うことから、とてもおすすめの組み合わせです。

上級者に格上げ!アースカラーコーデ

ここまでに、デニムスタイルやモノトーンなど、真似しやすい定番の組み合わせをご紹介しました。

しかし、周りとちょっと差をつけられる赤スニーカーのコーデも楽しみたいですよね。

そんな方におすすめなのが、アースカラーのアイテムを使用したスタイリング

ベージュやカーキ、ブルーなどのアースカラーは肌なじみがよく、自然とおしゃれなファッションに。

赤はアースカラーと相性がよく、ワンポイントいれることで明るい印象に仕上げてくれます。

こちらはブルーとカーキを組み合わせたコーディネート。

シャツにロングジレというきれいめなスタイリングですが、アースカラーの組み合わせがなんともおしゃれです。

赤スニーカーが全体をカジュアルにまとめていてより明るく見えます。

女性 31歳 事務職
シンプルなコーディネートにワンポイントで赤いスニーカーを合わせるのがおしゃれだと思います。
ジャケットなどに合わせて外しアイテムとして使っているスタイルがかわいかったです。

女性 35歳 事務職
落ち着いた色の中に差し色として入れることで鮮やかさを強調する

こちらはカーキとマスタードイエローのコーディネート。

色のトーンを合わせることでおしゃれ上級者なスタイリングになっています。

赤スニーカーとトーンの同じアースカラーを2色ほど選んで取り入れることがおすすめですよ。

男性 40歳 販売職
スニーカーが目立つので、パンツは黒やカーキの単色なものを選ぶと良いと思います。

男性 42歳 販売職
赤と相性が良いグレーやカーキの服を使ってコーディネートを考えます。

男性 35歳 事務職
濃い色のジーパンに合わせるのも良いし、スラっとしている細めのチノパンもオシャレだと思います。

まとめ

今回のアンケートでは、赤スニーカーをおしゃれだと思う一方で、少し難しいアイテムだと感じる方が多くいらっしゃいました。

しかし参考のコーディネートを見ると、赤のスニーカーは様々なファッションで活躍することがわかります。

そして何より、他のカラーのスニーカーよりもオシャレ上級者アピールができてしまうのがポイントです。

ご紹介したように、NGコーデもポイントを押さえれば、むしろ周りと被らないオンリー1のコーディネートが楽しめますよね。

是非皆さんも赤スニーカーを取り入れて、ファッションをより楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました