選び方

スニーカーはいくらから高い?定番モデルの平均価格や男女407人のアンケートから詳しく解説

スニーカーの価格に関する男女別アンケート調査選び方
この記事の監修者
すにらぼ

100足以上(60モデル以上)の人気スニーカーを所持するスニーカーマニア。世界一参考になるスニーカーメディアを目指し、スニーカー研究メディア「すにらぼ」を立ち上げる。スニーカーをさまざまな観点で点数評価し、独自アンケートも定期的に行うことで客観的な情報も発信。サイトのコンセプトは「一人でも多くの人が自分に最適なスニーカーを発見できること」。

すにらぼをフォローする

スニーカーの価格は数千円から数万円まで幅広いです。

さまざまなブランドのスニーカーから選ぶ際、いくらから高いのか全体的な価格を参考にしたい方もいると思います。

そこで人気スニーカーのトップ10の平均価格を調査したところ、13,178円と判明しました。

また、男女400人に「スニーカーにはいくらまで出費できる?」というアンケートを実施すると、男性の平均は15,020円、女性の平均は12,272円という結果になりました。

この記事では、所持スニーカーの価格などのアンケートの詳細を紹介します。

スニーカーを購入する際にはぜひ参考にしてみてください。

  • 調査人数:407名(男性205名・女性202名)
  • 対象者:20代〜50代の男女
  • 調査元:インターネットによる任意回答

\スニーカーの総合ランキング記事はこちら!/

人気スニーカーの10足の平均価格は「13,178円」

男女1,500名に行った好きなスニーカーのアンケート調査上位10足の公式価格を調べたところ、平均価格は13,178円となりました。

これは現在のスニーカー市場での価格の目安にできるでしょう。

上位10足の価格は以下になります。

人気順位ブランド名
商品名
公式価格
1位ナイキ
エアフォース1
15,400円
2位アディダス
スタンスミス
10,890円
3位コンバース
キャンバスオールスター
6,380円
4位ニューバランス
CM996
16,280円
5位ナイキ
エアマックス90
15,400円
6位ニューバランス
ML574
11,990円
7位アディダス
スーパースター
10,890円
8位ナイキ
エアジョーダン1
16,500円
9位バンズ
オールドスクール
7,150円
10位ナイキ
エアマックス95
20,900円

上位10足のうち8足が1万円を超えており、最も高い価格は「エアマックス95」の20,900円です。

スニーカーは近年値上げをしており、特にナイキは高くなっています。

1万円を切る価格帯では、コンバースの「オールスター」とバンズの「オールドスクール」の2足のみです。

特にオールスターは人気商品にも関わらず、手頃な価格帯と言えるでしょう。

これらの価格の情報を提示したうえで、スニーカーの価格に関するアンケート調査を行いました。

以下からその回答を紹介します。

スニーカーに出費できる金額の平均は「13,656円」

男女400名以上に、スニーカーに出費できる金額を1,000円単位でアンケートしました。

その結果、男性の平均は15,020円、女性の平均は12,272円となり、全体の平均は13,656円となりました。

項目男女票数男性票数女性票数
1,000円未満0票0票0票
1,000円台1票1票0票
2,000円台5票3票2票
3,000円台7票3票4票
4,000円台11票3票8票
5,000円台44票18票26票
6,000円台23票8票15票
7,000円台15票9票6票
8,000円台33票17票16票
9,000円台12票8票4票
10,000円台70票35票35票
11,000円台0票0票0票
12,000円台24票10票14票
13,000円台8票3票5票
14,000円台1票0票1票
15,000円台61票32票29票
16,000円台3票2票1票
17,000円台3票0票3票
18,000円台4票2票2票
19,000円台2票2票0票
20,000円台43票25票18票
21,000円台0票0票0票
22,000円台2票0票2票
23,000円台1票0票1票
24,000円台0票0票0票
25,000円台9票4票5票
26,000円台0票0票0票
27,000円台1票0票1票
28,000円台1票0票1票
29,000円台0票0票0票
30,000円台10票9票1票
31,000円台0票0票0票
32,000円台1票1票0票
33,000円台1票0票1票
34,000円台0票0票0票
35,000円台1票1票0票
36,000円台0票0票0票
37,000円台0票0票0票
38,000円台0票0票0票
39,000円台0票0票0票
40,000円台0票0票0票
41,000円以上10票9票1票
合計407票205票202票

「10,000円台」が男女合計70票と最も多く、次に「15,000円台」が61票、そして「20,000円台」が43票という結果に。

「4,000円台」から「6,000円台」は女性の票が多いのに対し、「7,000円台」から「9,000円台」は男性が上回っています。

高額なスニーカーに対する意識も確認でき、特に男性は「30,000円台」や「41,000円以上」も出費できるという回答も多く見受けられました

以下は、年代別の出費できる金額についてのコメントです。

■男性 27歳 サービス業
出費できる金額:12,000円
あまり靴にこだわりはなく仕事や通勤の兼ね合いから履き心地にこだわっているが、靴は使い捨てだと考えているため、どんなに良いものでも12,000円以上は出せないとおもう。

■女性 26歳 専業主婦
出費できる金額:10,000円
今持っているスニーカーは8000円台で少し高いとは思いますが、履き心地が良かったので、もう少し出しても良いなと思っているので。

■男性 36歳 保安職業系の公務員
出費できる金額:30,000円
ジョーダン等のデザインが良いスニーカーは高くてフリマ等で買う時には値上がりしてるため。

■女性 32歳 事務職
出費できる金額:12,000円
普段から運転をしたり子供を抱っこしたり子供と走り回ったりすることを前提に靴選びをした結果、スニーカーで落ち着いています。大体いつも似通った物を購入しがちですが、良い品を長く使いたいので、もし良品があるのであれば今履いている物の二倍程度なら出費しても良いと思えました。

■男性 45歳 輸送 ・機械運転職
出費できる金額:10,000円
自分の生活スタイルだと安物でも3年程度は使えるので、よほど気に入ったものがあれば、たとえ期待外れだったとしても後悔はしない金額なので

■女性 48歳 生産工程職
出費できる金額:10,000円
結構すぐに履き潰してしまうので、一万円を超える靴はなかなか買えない。高いスニーカーを買っても、もったいなくてあまり履かないので、高いのは買わなくなった。

■男性 58歳 農林漁業
出費できる金額:12,000円
耐久性履き心地などを考慮すると妥当な金額である。ファッション性は流行の変化があるので考慮しない。

■女性 52歳 専業主婦
出費できる金額:10,000円
スニーカーは消耗品だと思うのであまり高い物を購入してももったいないので何年かで履きつぶして納得できる価格がこれくらいかなと思います

スニーカーに出費できる金額の平均が最も高い層は「男性・30代」で「18,000円」

性別と年代を分けてスニーカーに出費できる金額の平均を調べたところ、30代の男性最も高く、金額は「18,000円」という結果になりました。

性別・年代出費できる
金額の平均
票数
男性・20代15,566円53票
女性・20代11,380円50票
男性・30代18,000円50票
女性・30代14,804円51票
男性・40代13,118円51票
女性・40代11,040円50票
男性・50代13,431円51票
女性・50代11,824円51票
合計・平均13,656円407票

30代の男性が高額になった理由は、経済的な安定とファッションへの高い意識が影響していると考えられます。

この年代の男性は一般的に収入が安定し始めるので、趣味や娯楽にお金を使いやすい時期です。

ファッションのこだわりが高まる人も増えてくるので、オシャレアイテムの代表でもあるスニーカーへ出費しやすくなるのかもしれません。

■男性 31歳 サービス業
出費できる金額:50,000円
デザイン、希少性などを考慮して。今後のリセール価格が下がりづらいであろう価格帯だと思ってるから

■男性 38歳 販売職
出費できる金額:100,000円
ブランド品で気に入ったものであれば高いとは思いますが購入します。

■男性 38歳 専門・技術職
出費できる金額:30,000円
1万円以下だとすぐにボロボロになるしデザインをあまりよくないので3万円ほど出していいスニーカーを大事に履きたいから。

一方、女性においても30代の平均出費額が「14,804円」と最も高額に。

他の20代、40代、50代の女性は11,000円台であり、年代で違いが見受けられました。

■女性 35歳 専門・技術職
出費できる金額:25,000円
1足を使う期間や頻度を考えると衣類の中で靴は多少お金をかけてもいいと思っているため。服と違って多く持つものでないので気に入ったものや履き心地のいいものだけを所持したい。

■女性 36歳 サービス業
出費できる金額:28,000円
今、欲しいと思っているスニーカーがこのくらいの価格帯だからです。

■女性 36歳 事務職
出費できる金額:25,000円
高い靴は履き心地がいいので奮発して購入することもあります。その場合の最高額です

所持スニーカーの価格について

現在所持しているスニーカーの価格についても1,000円単位で聞いてみました。

それぞれの価格は以下の通りです。

普段最も履くスニーカーの価格の平均は「7,557円」

普段最も履くスニーカーの価格についてアンケートを行ったところ、平均は「7,557円」となりました。

男女別の平均だと、男性は7,883円、女性は7,227円です。

項目男女票数男性票数女性票数
1,000円未満1票0票1票
1,000円台7票6票1票
2,000円台17票5票12票
3,000円台30票16票14票
4,000円台29票10票19票
5,000円台79票38票41票
6,000円台58票25票33票
7,000円台29票18票11票
8,000円台24票14票10票
9,000円台7票3票4票
10,000円台52票31票21票
11,000円台14票5票9票
12,000円台15票11票4票
13,000円台5票4票1票
14,000円台1票1票0票
15,000円台21票11票10票
16,000円台7票1票6票
17,000円台2票1票1票
18,000円台0票0票0票
19,000円台4票1票3票
20,000円台0票0票0票
21,000円台0票0票0票
22,000円台0票0票0票
23,000円台0票0票0票
24,000円台0票0票0票
25,000円台1票1票0票
26,000円台0票0票0票
27,000円台0票0票0票
28,000円台0票0票0票
29,000円台0票0票0票
30,000円台2票1票1票
31,000円台0票0票0票
32,000円台1票1票0票
33,000円台0票0票0票
34,000円台0票0票0票
35,000円台0票0票0票
36,000円台0票0票0票
37,000円台0票0票0票
38,000円台0票0票0票
39,000円台0票0票0票
40,000円台1票1票0票
41,000円以上0票0票0票
合計407票205票202票

アンケートでは、男女ともに「5,000円台」という回答が最も多かったです。

一方で「1,000円未満」や「20,000円以降」には、あまり回答が集まりませんでした。

極端に安すぎたり高すぎたりするスニーカーは、普段使いには好まれていないようです。

所持スニーカーの一番高い価格の平均は「12,543円」

所持している最も高いスニーカーの価格の平均は12,543円でした。

男性のスニーカーの平均価格は14,073円で、女性の平均価格は10,990円となっています。

項目男女票数男性票数女性票数
1,000円未満0票0票0票
1,000円台3票2票1票
2,000円台5票1票4票
3,000円台12票7票5票
4,000円台12票5票7票
5,000円台38票16票22票
6,000円台25票9票16票
7,000円台26票10票16票
8,000円台47票20票27票
9,000円台11票5票6票
10,000円台32票15票17票
11,000円台15票6票9票
12,000円台44票28票16票
13,000円台11票7票4票
14,000円台5票3票2票
15,000円台38票23票15票
16,000円台20票8票12票
17,000円台3票0票3票
18,000円台9票6票3票
19,000円台9票5票4票
20,000円台14票8票6票
21,000円台1票0票1票
22,000円台3票2票1票
23,000円台0票0票0票
24,000円台0票0票0票
25,000円台4票3票1票
26,000円台0票0票0票
27,000円台0票0票0票
28,000円台3票3票0票
29,000円台2票2票0票
30,000円台3票1票2票
31,000円台0票0票0票
32,000円台0票0票0票
33,000円台2票1票1票
34,000円台0票0票0票
35,000円台0票0票0票
36,000円台0票0票0票
37,000円台0票0票0票
38,000円台0票0票0票
39,000円台0票0票0票
40,000円台2票2票0票
41,000円以上8票7票1票
合計407票205票202票

最も多い回答は「8,000円台」で、47票が入りました。

女性からは「8,000円台」の票が多く集まっており、次に多いのは「5,000円台」。

男性においては「12,000円台」と答える人が最も多く、続いて「15,000円台」の回答が多かったです。

この回答を見ると、男性の方が女性よりも高価なスニーカーを好んで履いているということがわかります。

スニーカーに関しては、男性は女性よりもブランドや希少価値に重きを置く傾向があるのかもしれません。

所持スニーカーの一番安い価格の平均は「3,846円」

所持スニーカーにおける一番安い価格についても調査した結果、男女総合の平均価格は「3,846円」になりました

男性の平均価格は3,917円、女性は3,774円でした。

項目男女票数男性票数女性票数
1,000円未満4票2票2票
1,000円台53票24票29票
2,000円台74票31票43票
3,000円台100票61票39票
4,000円台43票20票23票
5,000円台52票28票24票
6,000円台38票14票24票
7,000円台8票5票3票
8,000円台12票7票5票
9,000円台3票1票2票
10,000円台10票8票2票
11,000円台2票0票2票
12,000円台5票3票2票
13,000円台2票1票1票
14,000円台0票0票0票
15,000円台1票0票1票
16,000円台0票0票0票
17,000円台0票0票0票
18,000円台0票0票0票
19,000円台0票0票0票
20,000円台0票0票0票
21,000円台0票0票0票
22,000円台0票0票0票
23,000円台0票0票0票
24,000円台0票0票0票
25,000円台0票0票0票
26,000円台0票0票0票
27,000円台0票0票0票
28,000円台0票0票0票
29,000円台0票0票0票
30,000円台0票0票0票
31,000円台0票0票0票
32,000円台0票0票0票
33,000円台0票0票0票
34,000円台0票0票0票
35,000円台0票0票0票
36,000円台0票0票0票
37,000円台0票0票0票
38,000円台0票0票0票
39,000円台0票0票0票
40,000円台0票0票0票
41,000円以上0票0票0票
合計407票205票202票

また、「3,000円台」という回答が最も多くなりました。

ノーブランドの安いスニーカーなら、「3,000円台」でも買うことができるでしょう。

日常生活においては靴の汚れや傷を気にしたくないシーンが多々あるので、価格が安い靴を1足持っておくと気が楽かもしれません。

性別による違いをみると、男性は「3,000円台」が1位でしたが、女性は2,000円台」が1位となりました。

スニーカーの価格が高いほど「履き心地」に期待する

スニーカーの価格が高いほど、どのようなことを期待するかアンケートしたところ、男女ともに「履き心地」が最も多く票を集めました

項目男女票数男性票数女性票数
履き心地183票82票101票
デザイン111票64票47票
耐久性67票38票29票
クッション性23票13票10票
軽さ21票8票13票
その他2票0票2票
合計405票205票200票

「履き心地」については、特に特に女性からの支持が強く、女性の約半数の101票を獲得しました。

次に「デザイン」は111票を集めました。男性の票数が64票と、女性の47票を上回っており、男性の方がスニーカーのデザインや見た目に関心が高いことが伺えます。

67票を集めた「耐久性」もスニーカー選びの大きな要因です。

高価なスニーカーでも、長く履ける耐久性があれば、実際のコストを低く抑えられます。

まとめ

男女407名のアンケートを通じて、スニーカーに出費できる一般的な金額が明らかになりました。

金額の平均は「13,656円」となりましたが、現在の市場価格を見ても納得の結果と言えるでしょう。

また、20,000円を超える回答が少ないことから、一般的には多く出せても20,000円が上限になるのではないかと思います。

今回の調査結果が、あなたのスニーカーを購入する際のヒントになれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました